自動車・製造業におけるレジリエントなデジタル・サプライチェーン構築に向けて

受付終了

昨今のコロナ禍において国内外の自動車・製造業は消費の低迷による投資が減少するなか、国内外の取引先企業と迅速で柔軟な企業間の情報連携がより一層重要視されてきました。自社拠点のみならず、サプライヤ、倉庫、顧客、物流会社、金融機関、保険会社など、全方位での情報連携と物流の可視化を実現することにより、真のDXを備えたレジリエントなサプライチェーンを構築することが可能となります。
また社内の情報管理においては、リモートワークにおける契約書や紙証憑のペーパーレス化とセキュアかつガバナンスをきかせた情報管理も以前にも増して必要となりました。

本セミナーではOpenText社Thomas Leesonより海外の最新動向のご紹介を踏まえ、自動車・製造業における目指すべきデジタル・サプライチェーンをご紹介いたします。

開催日時・会場

日時
2020年9月17日(木)16:00-16:45
会場
オンライン(事前登録制)
参加費
無料

タイムテーブル

時間トピックス
16:00-16:15

「コロナ禍での国内自動車産業のデジタルサプライチェーンの課題と方向性」


自動車産業をはじめとする製造業は世界的な新型コロナにより、かつてない大きな変革の時期を迎えました。調達先の多様化や部品の共通化など調達面でのリスクマネジメントの重要性が一層高まるなか、突発的な事象にも対応することが可能なデジタルサプライチェーン基盤の構築が求められています。
日頃オープンテキストをご利用いただいているお客様が直面している、デジタルサプライチェーン及びリモートワークにおける企業の情報管理や業務プロセスなどの課題をご紹介するとともに、コロナ禍において目指すべき今後の方向性についてご紹介いたします

オープンテキスト株式会社
エンタープライズ営業本部
自動車・製造営業部 部長
石関 伯秀

16:15-16:45

「グローバルにおける自動車・製造業の最新トレンドと解決策」


Industry4.0を推進し新たなモノ作りを環境整備を進めてきた欧州や北米において、このコロナ禍のさなかレジリエンスなサプライチェーン構築がカギとなっています。昨今のコロナ禍において欧米地域の自動車・製造業が進めている社内外の情報連携と活用についてOpenTextのB2B及びECMソリューションの活用事例を交えご紹介いたします

OpenText社
Thomas (Tom) Leeson, MSc.
Senior Industry Marketing Strategist Manufacturing & Supply Chain

▾Profile▾
Tom Leesonはブリティッシュ・エアロスペース(BAe)やジャガー・カーズで設計分析のキャリアを積みデジタルトランスフォーメーション1.0を導入した後、エンジニアリングおよび製造IT部門に異動しました。過去22年間は、製造ソフトウェアのスペシャリストであるダッソー・システムズやAionで様々な上級職を務めてきました。また全米製造業協会 (National Association of Manufacturers in USA) の一部である Manufacturing Leadership Council の評議員および英国の業界団体である Society of Motor Manufacturing and Traders のメンバーでもあります。2020年6月、トムはソーシャルプラットフォームOnalyticaから、ソーシャルメディア上でのインダストリアル・インターネット・オブ・シングス (Industrial Internet of Things) の議論へのトップ100の貢献者として認められています。

定員に達したため申込受付を終了いたしました。