360度の可視化:リスクの低減とセキュリティチームを軽減する理由

360度の可視化が意味するものは?

IT 業界では99% の信頼性は容認できる水準だとよく言われますが、本当にそうでしょうか。

そのベンチマークを航空機事故に当てはめると、1 年で平均30 万件もの墜落が起きることになります。99% の信頼性では、高速道路の橋梁などの重要な構造物が米国だけでも今の50 倍の割合でひび割れが発生し、崩壊すると推測されます。

そのようなリスクレベルの航空機に搭乗し、あるいは橋を渡ろうとする人が一体どれほどいるでしょうか。

私たちが経験から言えるのは、システムに関わるリスクやセキュリティに関しては、100 パーセントを下回る検出・解消率は容認できないということです。

EnCase を開発するオープンテキスト(旧ガイダンス・ソフトウェア)はフォレンジックセキュリティの世界最大手です。当社の技術は、1 パーセントの故障率が(0.1 パーセントの故障率でさえも)ビジネスに大惨事をもたらす場面で、IT 担当者がデジタル脅威を識別し、軽減するサポートをしています。

当社がそのパフォーマンスレベルを達成できているのは、サイバー脅威の検出と修復に対する当社の360 度の可視化によるアプローチです。